カローラクロスおすすめ&人気メーカーオプション・アクセサリー紹介!高い?値引可能?

カローラクロスのおすすめ&人気オプションとアクセサリー紹介車種一覧

カローラクロスの購入をするならグレード選びはとても迷いどころですが、メーカーオプションやアクセサリー選びも

迷ってしまう部分ですよね。

メーカーオプションもアクセサリーも内容てんこ盛りにすれば満足度は高いこと間違いなしですが、

購入価格も高額になってしまい予算オーバーをしてしまうかもしれません。

また、メーカーオプションとアクセサリーは値引きをどのくらいしてくれるのかも重要ですよね。

そこで今回は、カローラクロスのおすすめかつ人気のメーカーオプションとアクセサリーについて紹介していきます。

この記事は、以下の人におすすめです。
・カローラクロスのおすすめオプションが知りたい
カローラクロスの値引き情報を知りたい
カローラクロスのドレスアップをしたい

更に気になるオプション値引き額についても調べてみましたので、

カローラクロスのオプション選びでお悩みの方はぜひチェックしていってくださいね。




■カローラクロスおすすめ&人気オプションとアクセサリー紹介

カローラクロスが街中を走行している写真引用元:https://toyota.jp/corollacross/

それでは早速、カローラクロスのおすすめかつ人気のオプションとアクセサリーを紹介していきます。

カローラクロスのオプションやアクセサリーはとても豊富なので、全部をここで紹介することはできないため

特におすすめで人気のものを厳選してみました。

オプション選びで迷った際は、こちらを参考にしてみてください。

・エアコンドリンクホルダー

カローラクロス エアコンドリンクホルダー引用元:https://toyota.jp/corollacross/

前席のエアコン吹き出し口に取り付けるドリンクホルダーです。

カローラクロスにはエアコン吹き出し口にホルダーがないので、オプションで追加することができるのです。

内装のデザインを損なうことなく、ちょっとしたドレスアップにもなりますね。

・電源BOX

カローラクロス 電源BOX引用元:https://toyota.jp/corollacross/

フロンとコンソール横に取り付ける電源BOXです。

カローラクロス専用設計のもので、これを2種類のUSBポートとアクセサリーソケットを増設できます。

ご家族で乗車することが多かったり、車でお出かけする機会が多い人におすすめのアクセサリーです。

・ナビキット

カローラクロスのインテリア引用元:https://toyota.jp/corollacross/

標準装備されているディスプレイオーディオにナビ機能を追加できるオプションです。

言うまでもありませんが、オプションの中では定番中の定番でマストな装備といっても過言ではありません。

ナビキットのグレードは以下の3つに分かれております。

●TV・オペレーター付T-Connectナビキット ¥159,500
●T-Connectナビキット ¥110,000
●エントリーナビキット ¥66,000

エントリーナビキットが一番お手頃ですが、ディスプレイオーディオの便利さを実感するなら

T-Connectナビキット以上を装備するのがおすすめです。

ただ、ナビ機能の使用頻度によってはハイグレードなものを付けても「もったいない」と感じてしまうかもしれません。

ご自身の使用頻度やニーズに合ったグレードのナビキットを選びましょう。



・ドライブレコーダー

トヨタ・カメラ一体型ドライブレコーダー引用元:https://toyota.jp/corollacross/

ドライブレコーダーも取り付ける人が多くなっているとても人気のオプションですよね。

純正オプションからは、スマホとも連携可能なドライブレコーダーがあります。

ドライブレコーダーに関してはメーカーによっても機能や値段が異なるため、

社外品の製品と比べ取付を検討してみるのがおすすめです。

・ETC車載器

ETC2.0ユニット引用元:https://toyota.jp/corollacross/

ナビキット、ドライブレコーダーときたらETCも欠かせないオプションです。

こちらもカローラクロス購入者のほとんどの方が装備していると思います。

近年普及されつつある”ETC2.0”については、リアルタイムに高速道路の交通状況を教えてくれるため

運転支援をする機能が充実していて高速道路を利用する機会が多い方にはおすすめです。

ただ、従来のETC車載器よりも値段が高いことが欠点のため、コスパ重視であれば一般的なETC車載器でも十分かと思います。

・サイドバイザー

トヨタ・サイドバイザー引用元:https://toyota.jp/corollacross/

サイドバイザーは雨天時の車内換気ができたり、風切り音を軽減してくれるという特長があります。

最近では付けないという人も増えているようですが、根強い人気を誇るアクセサリーです。

余談ですが、筆者の私はサイドビューの見た目があまりカッコよくなくなってしまうため付けておりません・・・。

(※あくまでも個人的な意見です)

見栄え云々よりも、快適性を充実させるなら付けておきたいパーツの一つですね。

サイドバイザーを付けようか迷っている方のために、サイドバイザーの必要性を考察した

個人的な意見を過去記事で紹介しているので宜しければチェックしてみてください。

・ラゲージアクティブボックス

カローラクロス ラゲージアクティブボックス引用元:https://toyota.jp/corollacross/

ラゲージルームにフラットスペースを作り出すことができるアクセサリーです。

耐荷重に優れているので寝転ぶことができ、車中泊に最適です。

大きなものや長い荷物も運べるようになるので、アウトドアや旅行には欠かせない装備ですね。


・ラゲージトレイ

カローラクロス ラゲージトレイ引用元:https://toyota.jp/corollacross/

”完全防水”のラゲージトレイになっているので、アウトドア用品や汚れてしまった荷物なども構わず積み込みができちゃいます。

カローラクロスロゴ入りでアクティブな印象を与えてくれるデザインも良いですね。

・トノカバー

カローラクロス トノカバー引用元:https://toyota.jp/corollacross/

ラゲージルームのプライバシーを保護してくれるトノカバーです。

目隠し代わりになってくれるので、盗難防止にもつながります。

スモークフィルムを貼らない場合は、トノカバーを付けておくと安心ですよ。

・フロアマット

カローラクロス フロアマット引用元:https://toyota.jp/corollacross/

防汚機能が備わったフロアマット(ラグジュアリータイプ)です。

この他にもお手入れがしやすい3Dレザー調フロアマットと、シンプルなデザインのデラックスタイプの3タイプから選ぶことができます。

足元もオシャレで高機能なフロアマットが良いという方はラグジュアリータイプか3Dレザー調がおすすめです。

 

・インテリアイルミネーション

カローラクロス インテリアイルミネーション引用元:https://toyota.jp/corollacross/

ドアオープン時に足元を照らしてくれるイルミネーションです。

走行時は減光して柔らかい光が足元を照らします。

間接照明のような役割になり、車内がオシャレ空間になるおすすめのアクセサリーです。

カローラクロスをより快適にしてくれるオプション品だけでなく、カッコよくドレスアップができるカスタムパーツも充実しています。

純正カスタムパーツでは”モデリスタ”のラインアップがありますので、そちらもぜひチェックしてみてください。



■カローラクロスのオプション値引き額はいくら?

カローラクロス ダークブルーマイカメタリック 全体写真引用元:https://toyota.jp/corollacross/

カローラクロスのオプション値引きについて調査したところ、”約10~25万円”くらいの値引き額が多かったです。

ただ、人によっては本体価格とオプションの値引きを合わせた金額が値引き額となっていたりするので、あくまでもこの金額は参考になります。

選択するオプションによっても値引き額が変わったりするため、一概にいえないということをご理解ください。

カローラクロスのオプション値引きは渋いといった印象はそこまでなかったので、値引き交渉には対応してもらえそうです。

オプション値引きが高めに引き出せそうな時期としては決算時期である”3月”や”9月”で、

できる限り高い値引き額を引き出したい場合はこの時期を狙ってみるといいかもしれません。

\トヨタ車がお得に乗れる!/

KINTO

■カローラクロスおすすめ&人気オプションとアクセサリーのまとめ

今回はカローラクロスのおすすめかつ人気オプションについて紹介させていただきました。

現在、車種自体の納期はもちろんですがオプションやアクセサリーの納期も遅れているものがあるようです。

したがって、納車ができてもオプション品が後付けになってしまう可能性があるため

気になる方はディーラーで直接ご確認ください。

カローラクロスはオプション値引きに対応してくれるようですが、車両本体値引きに組み込まれる可能性もあります。

購入時期や選択するオプションによっても値引き額が変わりますのでその点を踏まえてご参考になれば幸いです。