車を買うのはデメリットだらけ?人生変わる?車を買うべきか悩んでいる人へ

車を買うのはデメリットだらけ?人生が変わる?車種一覧

車を買おうか悩んでいる人は男女年齢問わず沢山いますよね。

車を買うべきか悩む際、最もネックになるのが購入価格や維持費といった”コスト”ではないでしょうか?

筆者も車を所有し続けてから約10年近く経ちますが、車検や税金、保険といった支払いをする度に

「車ってホントお金かかるな~~」とボヤいています(笑)

特に20代、30代といった若い世代の人たちは車を所有していない人が増えましたよね。

どのくらいお金がかかるのか分からず不安、ということから車を買わない人も多いと思います。

そこで今回は、車を買うのは本当にデメリットだらけなのか?また車を買うことで人生は変わるのか?について紹介していきます。

主に筆者の経験談にはなりますが、車を買うべきか悩んでいる人の少しでも参考になれば幸いです。




■車を買うデメリットとは?

愛車とレインボーブリッジ

車が好きなくせに車を買う事のデメリットを話すのは「どうなの?!」という感じですが、

個人的に感じた車を所有して感じたデメリットをいくつか挙げていきます。

  • お金がかかる(←デメリットナンバーワン大賞受賞)
  • 事故を起こした時のリスクが高い
  • 移動手段の足にされること多し

言うまでもなく、お金が結構かかるというのが最大のデメリットですね。

車に乗る乗らないは関係なしに、所有しているだけでお金がかかっちゃうというのが車の凄いところ。

ガソリンの排気ガスがまるで小銭を垂れ流しているかのようにも見えてきます・・・(幻覚)

あと私みたいに、車いじりにハマっちゃうと更にお金がすっ飛びます。

車の支払い関係って大体諭吉さん(一万円)単位なのが恐ろしい。

続いて事故を起こした時のリスクが高いことです。

保険に入っていれば大丈夫!ということはなくて、ちょっとした追突事故に遭っただけでも後遺症が残っちゃったりするんです。(筆者経験談)

それに、鉄の塊に乗っているわけですから事故が起きると自身はもちろん、同乗者や周囲の人の命も関わってきます。

更に、車を持っているととにかく足にされることが多いです。

無料個人タクシーかってレベルで足として使われている人、多いんじゃないでしょうか。

私もその一人なのでお気持ちお察しいたします。

ですが、私は車移動がとにかく好きなので足にされてもそこまで気にならないのですが、こういった足扱いがストレスになっちゃう人もいると思います。

いろいろと言ったものの車はいかんせんお金がかかる・・・これに尽きますけどね。


■車を買うと人生が変わるのか?

辰巳PAと愛車

先に結論を申し上げると、私個人としては人生が大きく変わりました!!

車を持って車を好きになっていなかったら、このブログすら存在していなかったですし。

そもそも車は自分自身が欲しいか不要なのかが重要なので

「今の時代車は要らない!」とかって言い切る議論はあまり好きではありません。(というかなんか不毛)

欲しければ買えばいい、また買えるように行動していけばいいじゃないですか・・・!

自分で車を買ってみると思った以上にお金がかかることも実感していますが、その分仕事のモチベーションが上がりました。

お金がないから・・・と手放すことはしたくなかったので。

車を無理して買うのはおすすめしませんが、車という大きな買い物をすることで

「よし、また頑張って働こう!」と奮い立たせられることは、結構大事だと思うのです。

20代の若いうちに数百万円する車を”自分で買った”っていう出来事は、すごく達成感がありました。

”経験”としてポジティブに捉えるか無駄と捉えるかは人によって異なると思いますが、私は良い経験だったと思っています。

それに、カスタムしたり愛車の写真を撮りに出かけたりもするようになったので日々の楽しみが増えました。

行動範囲が広がって今では都内も田舎も含めて運転できるようになり、出かける場所にも困りません(笑)

あとは友人に「女の人でこんなに色んな所運転出来る人いないからカッコイイ!」って言われることもあります。

ハイ、褒められてウレシイデス(照れ)

車がある日常の楽しさというのは、やはりご自身で所有して初めて感じられるものです。

ただ、会社員の社畜である私は金銭にものすごく余裕がある人間ではありません。

車の購入+維持をするというのは自分の人生がややハードモードになったということで、そういった意味でも人生が変わったともいえますかね・・・。



■車を買うか悩んでいる人へ

MINIの運転席

どうしても車が欲しいけど金銭面が不安という人は本当に多いので、そんな人に適した購入方法や節約術を紹介します。

私も今でこそ何となく年間にかかる費用を把握できていますが、初めて車を買った時は不安要素がやはりお金でした。

そんなコストの不安を解消できるよう、おすすめの購入方法や節約術を参考にしてください。

・中古車を購入する

まずは”中古車”を買ってみるというのがおすすめです。

新車よりも大幅に安く買うことができるので、イニシャルコストの節約にもなります。

また、車を買っても当然維持費がかかってきます。

車を買う事よりも維持する事の方が大変なので、維持費がいくらかかるか不安・・・という人は軽自動車やコンパクトカーの購入を検討しましょう。

軽自動車やコンパクトカーであれば、自動車税や車検費用、ガソリン代などが比較的安く済みます。

ですが、中古車ということで以前にだれかが所有していた使用感が目立ったり、納車してから故障や不備が見つかることもあります。

この点が中古車購入のデメリットになりますが、5年落ち以内くらいの比較的新しい年式であれば、そこまで心配になる必要もありません。

・残クレやサブスクで契約する

◆車を利用したい期間がある程度決まっている(単身赴任等)

◆新しい車にどんどん乗っていきたい

◆車を買うと手元資金が減って不安・・・

などなど、このような理由で車の購入をためらっている人は、残クレやサブスクで車を所有するのがおすすめです。

残クレやサブスクだと、月々の支払額を抑えながら新車に乗ることが可能です。

残クレとサブスクの概要についてはここでは省略いたしますが、手軽に車に乗れる分、ある程度契約に縛りがあります。

あくまでも”借り物”という状態になるので、年間走行距離数に制限があったり、契約期間が決まっている等、購入するよりも所有感が薄いです。

また、条件によっては総支払額が車を購入するよりも高くつくこともあるため注意が必要です。

ですが人によっては大きなメリットを感じられる契約方法でもあるので、分割払いで車を買う予定の人はぜひチェックしてみてください。

【KINTO】

・自動車保険は毎年見直す

そして自動車保険は年齢が若ければ若いほど高くなってくるので、ネット保険に加入をして毎年見直しをしてください。

自動車保険は保険会社によっても大きく差が出るため、見直しをすることで維持費の節約が期待できます。

あとはご自身の収入や固定費を計算して、車が維持できる状況かどうかをチェックしましょう。

どの車種に乗るかにもよりますが、最低でも毎月一万円くらいは車用の貯金をしておくと、急なメンテナンス費用の足しにもなるので安心です!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



■あとがき

車を買うのはデメリットなのか、また人生は変わるのかについて紹介させていただきました。

何度も言いますが、車を買うとお金がかかるのはたしかです。

車を所有することによって他の趣味や娯楽を制限しなければならない可能性もあるので、あまり無理に買うのはおすすめできません。

ですが、車を買うことによって日々のモチベがアップしたり新しい休日の楽しさを知ることができました。

デメリットばかりが強調されがちですが、車を持つことでメリットも沢山あるということをお忘れなく!

今後の車購入の参考になれば幸いです。




びーぶるー

車いじり、ドライブ大好き
MT限定解除済なのにまだAT乗り。
平成生まれ車好き女子。
車・競馬・ゴルフ・動物・カメラも好き。

びーぶるーをフォローする
車種一覧
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ