【ミニバンだらけで買いたくない人へ】おすすめしたい国産ファミリーカーを5選紹介!

クルマあれこれ

小さなお子様がいる、またはそろそろ家族が増えるという方だと、車は必須になってくると思います。

お子様がいる家庭では、使い勝手の良いミニバンがとても重宝されることから、利用している方も多いですよね。

ただ、中にはこんな人がいるのも多いようです。

「ミニバンは便利だけどダサい!」

「うちの夫がミニバンを嫌がります」

「見渡せばミニバンだらけで買いたくない」

ミニバンは便利で広い居住空間がある分多くのファミリー層が購入します。

したがって、街中でミニバンを見かけることが多く、車が好きな男性、旦那さんは嫌がることもあるかと思います。

そこで今回は、ファミリーカーが欲しいけどミニバンは買いたくない人へおすすめしたいファミリーカー5選を紹介します!

ただ、この紹介では”スライドドア”の無い車種の紹介となりますので、スライドドアの装備がご希望の方には参考にならないかもしれません。

それでは見ていきましょう!




■考察:ミニバン嫌いな人の理由

ミニバン嫌いな人の理由といえば、簡単にこんな感じではないでしょうか。

  • 便利さばかり追求されてカッコよくない
  • 安全性が心配
  • 乗り心地が悪い
  • 酔いやすい
  • ミニバンの3列目はほぼ使わないからムダ
  • ミニバンユーザー多すぎて個性がない

他にもあるかもしれませんが、筆者もあまり自分に必要性を感じていないこともあって、ミニバンはそこまで好きではありません。

(もっぱらセダン、クーペ派なので)

ミニバンのことをあまり悪くいうつもりはないのですが、3列目シートの安全性はちゃんとした基準が設けられていないのが現状です。

そして、3列目シートの安全面を考慮している国産車はほぼ無いのだとか。

ちなみに3列目シートの安全面が考慮された国産車は、筆者が知っているかぎり1台だけです。(後ほど紹介します)

小さなお子様がいるご家庭なら尚更、結構恐ろしい話ですよね・・・。

それでもやはり、日常での使いやすさは圧倒的にミニバンだと思います。

ミニバン嫌いという人は便利さだけに特化して、その他の部分がイマイチと感じてしまうのかなと思います。


■ミニバン嫌いな人へおすすめしたいファミリーカー5選

今回は5選に絞って紹介しますが、ミニバンのような使いやすさが備わった魅力的なファミリーカーを理由も添えながら紹介していきます。

それぞれの車のおすすめポイントも簡単にピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

それでは早速、ミニバン嫌いな人へおすすめしたいファミリーカーを5車種を見ていきましょう!

・レヴォーグ(スバル)

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

2020年に新型が発表されたレヴォーグです。

新型でなくても、前期モデルでもファミリーカーとしておすすめできる車です。

5人乗りステーションワゴンですが、スポーティな走りはミニバンでは味わえないような感覚です。

更にSTIグレードになれば、マニュアル車を乗ることもできちゃいます。

見た目も内装もスポーツカーのような雰囲気があり、カッコイイ車が欲しい旦那さんにも満足していただけると思います。

スバルがこだわる”安全性能”も期待通りの高さで、赤ちゃんや小さなお子様がいる家庭では安心して乗っていただけますよ。

【レヴォーグのおすすめポイント】安全面、スポーティな走りとデザイン

・フォレスター(スバル)

引用元:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスターは5人乗りSUVとなっています。

SUVらしい力強い走りと、家族で旅行やアウトドアには最適な荷室空間が魅力です。

SUVにふさわしいスタイリッシュなデザインとなっています。

X-BREAKグレードになると、上記の写真のようにオレンジのラインがエクステリアに追加され、内装もオレンジステッチが装飾されています。

可愛らしさもあるので、お子様ウケも良いかもしれませんね。

車高はミニバンのように高めですが、乗り降りがしやすいよう開口部が広く設計されています。

自然な姿勢で乗り降りができ、チャイルドシートの設置もラクに行えますよ。

もちろん安全性もレヴォーグ同様に優れています。

【フォレスターのおすすめポイント】安全面、荷室容量、ファミリーに使いやすい車内設計

・RAV4(トヨタ)

引用元:https://toyota.jp/rav4/

RAV4は広い荷室空間と優れた4WD性能が魅力です。

クラストップレベルを誇る荷室容量は、アウトドアや車中泊にも適しています。

走破性、安定性、低燃費を実現した4WDシステムで、様々なドライブシーンに活躍すること間違いなしです。

RAV4のハイブリッド車は特に燃費が良く、ガソリン代の節約にも繋がるかもしれません。

長時間の乗車でも疲れにくい乗り心地で、休日に出かけることが多いご家庭には最適です。

ノーマルでも迫力のあるフロントデザインですが、TRDやモデリスタのカスタムパーツがや社外パーツが豊富なので、ドレスアップも楽しめます。

【RAV4のおすすめポイント】走行性能、燃費、カスタムが楽しめる

・カローラツーリング(トヨタ)

引用元:https://toyota.jp/corollatouring/

2020年にカローラフィールダーの後継としてデビューしたカローラツーリングは、前期モデルよりもサイズアップをしたものの、女性にも運転しやすいコンパクトボディとなっています。

歴代カローラシリーズといえば、チープさや社用車っぽさが欠点となっていましたが、今回のモデルチェンジでカッコイイ見た目となって登場しました。

カローラツーリングの魅力といえば、他のファミリーカーにはない”コストパフォーマンスの高さ”です。

今やミニバンやSUVは400万円を超えてしまうのが当たり前といえますが、カローラツーリングはハイブリッド車グレードが300万円以下で購入できます。

また、燃費性能も素晴らしく、プリウスやアクアに近い低燃費も実現しています。

RAV4やフォレスターと比べてしまうと車内が狭くインテリアの質感も劣りますが、トータルバランスに優れた優等生なファミリーカーといえるでしょう。

【カローラツーリングのおすすめポイント】価格、燃費、運転のしやすさ

・CX-8(マツダ)

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8はSUVとしては珍しい3列目シートの採用があります。(6人、7人乗り採用)

先ほど筆者がチラっと紹介したのですが、私が知っている限りですと3列目シートの安全性が考えられてた国産車は”CX-8”です。

衝突安全実験を行っており、3列目シートの安全性はなんと世界トップレベルだそうです。

価格帯は紹介した5車種の中で最も高く、400万円を超えるグレードもあります。

ただその分、車内空間はとても上質で、高級車のような遮音性とインテリアの質感の高さがうかがえます。

国産車離れしたデザイン性は、きっと男性も女性も気に入る方が多いでしょう。

ガソリン、ガソリンターボ、ディーゼルの3種類からエンジン形式を選ぶことができます。

燃費とトルク重視なら、特に人気であるディーゼルがおすすめです。

大きなボディとはいえミニバンのようなモッサリとした感じは少なく、ミニバン嫌いな方でも気に入ると思いますよ。

ランニングコストや燃費はそこまでお財布に優しくありませんが、質の高さと安全面を重視するならCX-8がおすすめです。

【CX-8のおすすめポイント】安全性の高さ、3列目シートがある、高級感、エンジンのバリエーション

・ミニバンかその他の車で迷ったら・・・?

ファミリーカーは、利便性や運転のしやすさ、価格など、家族が乗るなら様々な条件をクリアしないと購入ができないですよね。

ミニバンも、ミニバン以外の車も検討したいという方は多いと思います。

ただ、車種やメーカーが違うとディーラーに沢山行かなければならないという手間もかかってしまいます。

まだそこまで具体的にどの車が良いか決まっていない場合は、ディーラーに直接行くのではなく、まずはインターネットで新車の見積もりを請求するのがおすすめです。

そうすれば、わざわざディーラーに行かなくてもネットで様々な車種の見積もりをすぐにチェックできるので、”まだすぐには買えないけど金額や車のことが知りたい!”という場合は、まずはネットで気軽に見積り請求をしてみてはいかがでしょうか?

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!


■ミニバン嫌いな人におすすめしたいファミリーカーのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ミニバン嫌いな人におすすめな国産ファミリーカー5選を紹介しました。

ミニバン以外のファミリーカーとなると、どうしても5人乗りの車が多くなってしまうのですが、ミニバンよりも乗り心地や質感などがいい車ばかりです。

ただ、赤ちゃんや小さなお子様がいると、どうしてもスライドドアのあるミニバンの方が、使いやすいと感じるかもしれません。

ミニバン嫌いでも、ミニバンも購入の視野に入れながら他の車も検討していくのが良いと思います。

紹介した車のおすすめポイントを申し上げましたが、乗り心地や車内の広さや質感は、人によって感じ方も違います。

気になった車種があれば、ご自身の目で確かめてみてくださいね。

後悔のない車選びをして、楽しいカーライフを送ってください。